ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

憎めないキャラは珍重される

アリスター・オーフレイムのHPで、バダ・ハリと
大晦日の『Dynamite!!』でK-1ルールで試合を行い、
その後、総合ルールで2009の初旬に
再戦を行うとアリスター側から発表されている。
バダ・ハリが一ヶ月もたたない内にK-1ルールで
戦うのは非常に解せないが、
総合ルールで来年早々に再戦があるなら
DREAMか欧州で戦う訳で来年の横アリ開幕戦は
出れない公算が高い。
事実上の本戦出場停止な訳で、
K-1ルールに抵触しないなら大目に見るとしよう。

もう一つのカード、ミノワマン枠が解せない。
そもそも、今年ミノワマンは今回出場対象の
選手に比べてがんばったのか?
私は、船木に敗れた事しか思い出せない。
会場が盛り上がるから、お笑いDynamite!!で収録済みで云々.....

他にジャカレイとか石田とか幾らでも出場すべき選手はいる。
ミノワマンは他の選手に引け目は感じないのだろうか、
キンニク何某のことをどう思っているのだろう。

噂としては
・ミノワマンvsエロール・ジマーマン の「マン」対決(DREAMルール)
あとは、聞こえてこない対モンスター路線なのかなまた。
ネタレベルで、
vsジミー・アンブリッツが決まったときコアファンは本気で喜ぶのだろうか?
私は、大晦日に田村に良いとこなく敗れ去ったミノワマン以来、彼が好きになれない
憎めないキャラなんだろうな。

なんで受けるのミノワマン。ブログランキングへ

アリスター・オーフレイム公式サイトヘ

スポンサーサイト

PageTop

内藤のWBCフライ級世界戦

内藤大助の試合を始めてテレビ観戦。
華美な演出もなく、番組構成はシンプルなもので、
内藤の変則的なスタイルが印象的だったのと、
試合内容も最後まで打ち合う評価されるべき試合だった。

格闘技ファンでない人間と一緒に、
クリスマス料理を食べながらテレビ観戦したが、
私一人以外は他に何かやってないのとチャンネルを
替えたがっていた。

その格闘技ファン以外の人間が
「なんで、昔は有名なボクサーがいたのに今はいないの?」
と言った言葉が印象的で、
私の「たとえばこの内藤とか長谷川とかいるよ」の回答には
ピンときていない様だった。

内藤の生い立ち、キャラを他の番組で目にする程度では
調子に乗りすぎだなこのチャンピオンと思っていたが、
あれだけの試合をして、さらに試合後の謙虚なマイク。
この路線で視聴率がとれるのなら、具志堅しかり、
日本人には控えめの美学と憎めないキャラ、浪花節と連勝がまだ好かれるのかなと
K-1、DREAMがとても及ばない壁を感じた夜であった。

どうなる事やらDynamite!!。ブログランキングへ

関連記事スポナビへ

PageTop

さよなら夢の舞台

大みそか「Dynamite!!~勇気のチカラ2008~」(さいたまスーパーアリーナ)でキン肉万太郎vsボブ・サップのヘビー級ワンマッチが決定した。これはスペシャルプロデュサーに就任した人気歌手のDJ OZMAがマッチメークしたもので、22日に都内で行われた会見にはDJ OZMAに加え、対戦が決まったサップとキン肉万太郎が出席。キン肉万太郎は生年月日・出身地・身長体重・不明だが、バックボーンはレスリングで、全日本選手権7連覇という輝かしい成績を残しているという噂。もちろんDREAMルールでの対戦。試合当日は戦闘用マスクで試合に臨むということで、「屁のつっぱりはいらんですよ」と決戦へ向け意気込みを語った。

 また、DJ OZMA自身もパフォーマンスを披露する予定で、年内で引退するDJ OZMAにとってのDynamite!!がラストステージ。裏番組のNHK紅白歌合戦に「選ばなかったことを後悔することになるだろう」と挑戦状を叩きつけた。


[スポナビヘ]

こんなもので視聴率がとれるのだったら、
いったい誰が支持するカードなのか、田中章仁選手が不憫。
他の真剣勝負をする選手にも不謹慎。格闘技ファンに唾を吐いた様なカード。
なぜ、そこまで.....

世間がこんなもんを求める様だったらもう、Dynamite!!はやめたほうがいい
そりゃ、石井が挨拶も嫌がるは。
DJ何某何度に足元を見られるとは情けなや。
視聴者に全てプロレスと思われること確実。
世界の格闘技メディア、ファンからはK-1甲子園と同じ枠で無視でしょうか。
谷川EPも手詰りか。哀れなり。
さよなら「Dynamite!!」

本物?酷過ぎる。ブログランキングへ

PageTop

ミルコの復活か、ホンマンの躍進か

本日からは後先、今後の「DREAM」の継続性、展開など横において
大晦日までを1ファンとして楽しみます。

まず今日は、
私を新日本プロレスの呪縛から解放してくれたミルコ・クロコップの一戦を妄想。

DREAMルール ヘビー級 1R10分・2R5分
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)vs チェ・ホンマン(韓国/フリー)


今の心身ともに劣化したミルコならホンマンが勝つ可能性は高いと予想します。
ホンマンは現在バダ・ハリや、セフォーらと互角にK-1で戦っているのだから
ミルコの打撃はさして怖く無いでしょう。
昔のミルコならサップの選手生命を事実上奪った顔面へのパンチや、
藤田の顔面破壊をしたほどのケリなど、
動静ともに殺気を帯びた戦いは異質なオーラを発し、
格闘技ファン以外にも何も説明が要らない超一級のファイターでした。

非常に残念ですが現在のミルコにはその面影は有りません。
あのUFCでハイキックにグチャと倒れたミルコは衝撃的でした。
DREAM6ではアリスターの圧力に負けていたので、
ホンマン戦は良くDREAMルールで受けたと関心しています。
まだ、ファイターとしての気概は感じています。

試合展開としては、
両者、立ち技で決定打なく、
ホンマンが重い腰とシムルの技でミルコを寝かし,
パウンドするも有効打なし、ミルコも極めきれず。
両者決め手を欠き、最後は体格差が影響し、
ホンマンの判定勝利で終りそうです。

ミルコはここで敗れたらもう取り返しがつかない、
格闘技から「引退」するかは疑問だが、
FEGとの契約試合数が3つとの事なので
DREAMからは撤退する契機になるでしょう。
逆にホンマンはDREAMヘビー級の柱になる布石となり
K-1でセフォーから成し得なかった新旧交代を
Dynamite!!で成し遂げる事になるのかもしれません。

ミルコ復活なるか!!ブログランキングへ

PageTop

石井慧に縋り付くのは止めよう

社会情勢が不安定になったり、
国家の行く先が不安になったときに、
模範的人物としてヒーローが求められる。

現在の日本は金融不況で
主に製造業に於いて大量リストラ等が発生している。
そんな時、弱い立場の人間が真先に被害を被るのは、
資本主義社会、否、悲しいかな自然の摂理である。

まだ国民の大多数はテレビではリストラとか報道され、
無駄は控えようレベルの方が大半だろう。

しかし、企業はもう少しシビア(切実)で、極力無駄な投資は控える。
また、もともと無くしたかったものを不況を理由に見切りをつける機会とする
そして、そこで浮いたコストを守りに使うか、
売上のアップについて新しい形態を模索するに使うかを検討する。

そこで、スポーツ(企業のイメージに関わる広告費)に対する投資は槍玉にあがる。
ホンダはF1撤退、スバルはWRCワークス活動終了、
格闘技ショーの日テレのノアの地上派も危ういらしい。

その中、FEG配下の立ち技格闘技、K-1は
MAXでの魔裟斗を中心とした戦いによる熱と、
強すぎて面白くない王者セーム・シュルトを排除した事と、
バダ・ハリを中心として若手の活躍によりWGP成功し、
そのコンテンツは世界的に広がりを見せているし、国内でも結果を出している。
結果として、それなりの評価を編成、スポンサーより獲得し来年も存続を保証されている。

ただ、同じFEG配下の総合格闘技であるDREAMは
なぜ、存続しているのか疑問視されるほどの
視聴率のまま年末を迎えた。
第三者として冷静に判断するとFEG、TBS、及びスポンサーは
極力無駄な投資は控えるために宣伝効果の少ない
ビッグスターいや「ヒーロー不在」のDREAM打ち切りを宣言しても
なんらおかしく無い状態である。

さらに、追い討ちをかける様に
そのDREAMを中心とした年末の格闘技の祭典「Dynamite!!」では
ビッグスターいや「ヒーロー」と呼べる魔裟斗、KIDを体調不良などの
事情で欠いている。
また、異色のダークヒーロー秋山には事もあろうに軽く袖にされる状態である。

さらに、精神的弱さ故、暴挙に出てしまったバダ・ハリも本日、
ファイトマネーの全額没収、準優勝の称号のはく奪と賞金の没収、K-1ヘビー級王座のはく奪
出場停止処分は見送られたが、大みそか「Dynamite!!」の出場はもちろん、3月に予定されているK-1への出場も「反省の状況を見て判断したい」と白紙に
スポナビなどに掲載

そして異色の金メダリスト石井慧に一縷の望み、大きな希望を抱いてしまう、
しかしその希望、は今、DREAMの、日本総合格闘技界のヒーロー候補は消えようとしている。
彼はまだヒーローではない、なぜなら純粋に自分の欲望のまま行動しているからだ、
宿命、使命なんて言葉は石井慧には不要で、柵みを嫌い純粋に強さを求める若者である。
もし、谷川EPが私と同じようにヒーローの器ではない彼に過度な期待をしたのなら、
今年で、「Dynamite!!」及び「DREAM」は駆逐されるべきであろう。

今回、谷川EP、笹川EP及びTBS編成にはこれ以上奇をてらった策は無いと予想している。
せいぜいあっても来年1月18日にスタートするTBSのドラマ「本日も晴れ。 異状なし」
で主演する坂口の兄がらみのカードぐらいであろう。ただ、それでは弱い。
事ここに到っては今のところ発表されている3つの本物の戦いと、
違うジャンルへ挑戦する勇気のみで、「Dynamite!!」「DREAM」を救う事しか道が無いのでは。

しかしながら、言い尽くされたことではあるがピンチはチャンスでもある。
今回の今までとは異なるカードで高視聴率(大きな宣伝効果)を得られたとれば、
日本に格闘技はジャンルとして根付いたと宣言できるし、
もうUFCに劣等感を抱き続ける事は無い。
檻の中で行われるMMAと「日本の格闘技」は同じである必要は無い。
それに日本の格闘技には歴史がある、それに見合った格闘技を発展させればいい。

諦めの境地Dynamite!!ブログランキングへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。