ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戦極ファンなら今頃

戦極のストーリー展開には流れを感じる。
それが成功するか否かは分らないが分り易い。
・戦極が09年1月に育成選手トライアウトを開催へ
・3月大会で16人参加のフェザー級トーナメント
・1.4『戦極』に光岡映二が参戦、相手は五味に勝った男!!その先にはタイトルマッチ

それに比べDREAMはいったい何をファンに求めているのか?
夢を与えるのではなく「求めている」のである。
たとえば、アンケートの多用は主催者としての手詰りに見えてしまう。

当面のDynamite!!が
視聴率が命題であるがため、
魔裟斗、KIDの出場ができず、
秋山には袖にされ
バダ・ハリまでケチが付き、ミルコは劣化して手に負えない
FEGの財政面の脆弱さをあざ笑うかの様な見っとも無い状態
TBS絡みで捻じ曲がったカードを入れなければならない箍もあろう。
今年は「サプライズ」も死語になり、
決定打なく視聴率が悪いであろう事を誰もが予想できる展開だ。

百歩譲ってDynamite!!のドタバタは毎年の事、
急な事だから開催事態が奇跡なのだから、
青木vsエディ・アルバレスは世界最高峰の戦い
ハンセンvsJ.Z.カルバンもそれに劣らない戦い
最初はどうかと思った武田 幸三 vs 川尻 達也も
小手先の技術論だけでない果し合いの様で楽しみに成ってきた。

しかし、UFCや、戦極のよに流れを感じることができない。
その先が見えない。
1つ1つは極上の試合なんだが、
TBSの煽り番組しかり、
DREAMとしての来年への展開を考慮した演出も見えてこない。
旅行に行く前が楽しいのにDREAMはその楽しさを完全にはくれない。
全く無いわけではない。
「桜庭vs田村」を何年も心待ちにしている両者のファンには
たとえばDREAMのHP構成はワクワクするものだろう。
こんな世の中だから、先行き不透明な世の中だから
もっと明るい、激しい、現実を忘れるくらい息が詰まる「夢」が見たい。
このままDynamite!!が大コケしたら
DREAMの明日は無くなる可能性も有るので、何も展望を現時点では語れないのかな。
「自転車操業」ですねまさに。
このまま、ファンに主催者側の財政面、交渉力が貧困が故のファンへの想像力強化と不要な不安さに成れる忍耐力の強化を求めるのか。

戦極ファンならもう少し年末で「夢」が見えたのかもしれない。


戦極vsDREAMvsK-1がDynamite!!なら今頃...ブログランキングへ

話は変わって本日のシュルト情報
シュルトのコメントは結局、来年もK-1やります宣言、すくなくともMMAへ転向なんて捏造だったようですね。
シュルトvsハリトーノフで、K-1ルールでもMMAルールでもどちらでも面白い(FEG公式へ)

スポンサーサイト

PageTop

ZSTに永田!

久々に「永田 克彦」の試合
それもZSTで、柴田はDEEPで引き分けだったが
永田は?打撃では小谷が格上だがどうなるのか。
小谷にしてもDEEPで負けているので、
ホームでの負けは許されまい。

ちなみに、「近々、予定していた試合が中止になりました。」
宮田のブログにある事から実はZSTに出る予定だったのかもしれない。

ライト級シングルマッチ
小谷 直之(ロデオスタイル)
 vs
永田 克彦(NEW JAPAN FACTORY)

ZSTキラー永田、もし小谷に勝ったら、DYNAMITE!!で所vs永田は正直勘弁。
誰が見たいのこれを?

DREAMへもう一度這い上がれるか?ランキングへ


ZST hp
スポナビ

PageTop

神の子越えへの第一歩

KIDがDREAMに居る意義は大きい。

load to KIDの戦いが始まる


「やさしい顔立ちの柔術師」寝技の山崎 vs 打撃の昇侍「手負の神を超える侍」(現パンクラスライト級王者)

とてもいいカード。見てみたい。
手負の現パンクラスライト級王者は「神を超える」夢の一歩を飾れるのか?

所、今成、リオン武、ビビアーノ、カルバーニョ、ヤヒーラ....とこの階級こそKIDへの挑戦権を賭けたトーナメントすれば良いのに。
夢は広がる

DREAMの存在意義は戦極よりライトな、日本人総合格闘家の夢の舞台?ランキングへ

戦極出場を決めたホドリゴ・ダムはボードックでのマンバ戦をネットで見てから気になっている選手
戦極の1つの核となるかもしれない。

PageTop

EliteXC fighter ニック・ディアス。キャンセル濃厚さてどうする。

ニック・ディアスのキャンセルが濃厚。
sherdogより
EliteXCゲーリー・ショー社長は、日曜日に日本で行われるために、
ニック・ディアーズをDreamイベントセットから取り出しました。 .....
MMAWEEKLYでも報じられている。

これは「フランク・トリッグ」に続き2回目の不祥事で、選手サイドの問題では済まされない。
ニック・ディアス来日に期待していたコアなファンは多い。
青木、宇野、秋山問題より重い、構造的欠陥と言わざるを得ない。
現在のMMAの世界でアメリカへの太いパイプを持てないとメジャー団体なんて名乗れないのでは?
さて、どう収拾するつもりなのかDREAMサイドは?

DREAMの存在意義は何?ランキングへ


EliteXC
Saturday June 14, 2008
Neal S. Blaisdell Arena in Honolulu, Hawaii


EliteXC Lightweight Title Bout 5 x 5 min.
KJ Noons vs. Yves Edwards
Nick Diaz vs. Muhsin Corbbrey
Murilo 'Ninja' Rua vs. Tony Bonello
Rafael Feijao vs. Wayne Cole
Dave Herman vs. Ron Waterman

PageTop

元巡査対決2回戦は6月15日に延期

昨日、TBSで「DREAM.2」の放映時間(東海地方ではそらナビの放映時刻)
娘サービスのため鈴鹿サーキットにて
「でんでん虫」順番待ちで炎天下3時間をすごし、すっかり意味のない日焼け。
本日は雨のため「遊園地めぐり」からは開放された。
ここぞとばかり途中で止めていた「DREAM」のネット上動画観戦をコッソリと行う。
その過程で、「DREAM」の記事をスポナビで発見。
青木vs永田(弟)の元巡査対決2回戦は6月15日に延期されたようだ。
万が一、永田(弟)が判定勝ちでもしたらと想像しつつ、ゴールデンWEEKは終わって行く。

青木の試合は何度見ても独特だな。一般受けはしないだろうが、私は好き。ランキングへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。