ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

K-1 WGPの歪

先日このブログで
シュルトをリザーバーにしないのが納得いかない。
K-1 WGP 2008 FINALが明日開催される。

と書いた、かなりのK-1信者でなければ同意見であろう。

今回決勝以外はいい試合だっただけに、シュルトの怨念が
ああさせたのか「バタ・ハリ」の精神的に弱い面が大事な舞台ででてしまった。

■解説の魔裟斗は一人で男を上げる
「これで1年間の出場停止などきっちりした処分をしなければ、
格闘技がそんなものだと思われてしまう。谷川さん、処分はしますよね?」
と谷川EPに詰め寄る。

いやいやその前にシュルトがこの場にいないことが「K-1」がショウである事を
証明している「格闘技」と一括りにされても「K-1 MAX」と「K-1 WGP」は違うでしょ
魔裟斗さん。もちろん、MMAもボクシングも柔道も剣道も.....
「K-1はそんなものだと思われてしまう。谷川さん、処分はしますよね?」
が正確な言い回しだろう。ここだけは?であったが、
魔裟斗がK-1を支えている自他共にみとめるところ、
その解説も花がありさらに技術的に納得できるは分かりやすいものであり、
谷川EPは見苦しいのでそろそろ解説はやめた方がいい。

■レミーのコメント
もし再戦するなら三度目の試合だ。前回、今回も私は勝っている。リベンジマッチを望むファンは多いだろうし、誰にでもチャンスは与えられるものだ。今後は正々堂々と王者として試合をしたい。だが、ルールを守れない選手を試合に出すのはどうなのかな。彼と向き合って、正々堂々と試合ができるのかを確認してほしいね。
[FEG公式サイトより]

いやいや、貴方には最後立って頂きたかった。
「誰にでもチャンスは与えられるものだ」と言っているので
シュルトを倒してからチャンプを名乗るべきだ。

■ハリのコメント
――反則のダメージはあったと思いますか?
なかったと思う。あの時点では倒れて苦しんでいたが、失格が決まった途端、立ち上がって素晴らしいスピーチをしやがった。それにセコンドからも立ち上がるな、と指示があったのを聞いていた。レミーは試合で王者を勝ち取ったんじゃなく、今日は俳優として主演男優賞だったってことだ。
――新しい時代を作るのは、来年以降に持ち越しですね。
バダ そうか? オレは十分に変革が行なわれたと思っている。一試合目は伝説のアーツを破っているし、決勝でも優勢に試合を進めていた。十分だろう。それを認めないのなら、それは認めない奴らに問題があるんじゃないか?

[FEG公式サイトより]

同じくシュルトを倒してから、もう一度K-1に。
このコメントはかっこ悪い。
でも、貴方の試合は面白い。それは認める。
「老兵は消え行くのみ」

結局レミーが優勝だけは予想通りであった。

Dynamite!!どころではない。ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTop

シュルトでなくキンボが要るK-1 WGP 2008 FINAL

シュルトをリザーバーにしないのが納得いかない。
K-1 WGP 2008 FINALが明日開催される。

そのシュルトの代わりに
アメリカのケーブルテレビ局HDNet向けにキンボ
ゲストコメンテイターとして来日した。
変な絡みが無いことを祈りつつ楽しみに明日を待とう
また、「オープンスコアリングシステム」でゴタゴタが無いことも
祈らなくてはいけない。

私の拙い予想では
決勝は、

レミー・ボンヤスキー VS エロール・ジマーマン
で判定3-0でレミーと予想

本当は「武蔵バダ・ハリ」に優勝してほしいが。ブログランキングへ

PageTop

K-1WGPファイナル盛り上がってますか?

K-1WGP ファイナルのリザーバーに
「セーム・シュルト」が無いのは本当にしらける。
暴君に負けたのは良しとしても、リザーバーの権利は有るでしょう。
昨年の王者ですよ?3タイムチャンプですよ?
試合が面白くない?ならルールを変えれば良いじゃない。

「世界一の試合をした者が、世界一になるべきだ」
しかし、そうならないのが、格闘技とプロレスと違うところでしょうに。

それに大晦日の視聴者はDynamite!!で「セーム・シュルト」が見たいとは思わないのでは?
なぜ、その辺がいい加減なのか非常に疑問だ。

K-1は八百長だからとは言わないが、
こんな事だからいつまでたってもスポーツとは呼べない。
ボクシングでは亀田が一応淘汰されたがK-1はショーなんだなとつくづく思う。

セーム・シュルトはなぜ何も言わないのか?不思議だ?お金?.......ブログランキングへ

PageTop

テイシェイラにブレイクの予感

極真王者の肩書きが良い
風貌が良い
宮本武蔵の著作『五輪書』も読んだなんて一面も良い
久しぶりにK-1で幻想を懐かせるファイターだ。

極真王者テイシェイラ

まさか藤本には負けないでしょう。
いや、K-1の為、極真のため負けは許されない。
負けるイメージも湧きませんが。

・エヴェルトン・テイシェイラ VS 藤本祐介

K-1 WORLD GP 2008」(4月13日、横浜アリーナ)は
その他にかなり良いカードがならび試合内容と視聴率も期待できそうだ。

[K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ/K-1ルール/3分5R]
・セーム・シュルト VS マーク・ハント
「スーパーファイト」
・バダ・ハリ VS レイ・セフォー
・マイティ・モー VS 前田慶次郎
・グラウベ・フェイトーザ VS アレックス・ロバーツ
・ハリッド"ディ・ファウスト" VS アレキサンダー・ピチュクノフ

谷川黒魔術の真髄を堪能できるはず。同意

日刊スポーツ記事へ

PageTop

K-1澤屋敷は勝たなくてはいけない

藤本がバンナより強いもしくは巧いとは思わない。
停滞ムード漂うK-1GPを爆発させるのは澤屋敷なんだと思う。
さて、澤屋敷は武蔵になるのか、それとも救世主になるのか。
決め手はローを有効に使えるか。

澤屋敷がんばれ。人気blogランキングへ直行

スポナビへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。