ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WECにて日本人連敗中

WECにて日本人連敗中、残念ながら今回も敗退。
それも今回は善戦でなく、どちらかと言えば完敗。

WEC TORRES vs. TAPIA
2008年12月3日(水/現地時間) 米国ネバダ州・ラスベガス:ハードロックホテル&カジノ 

第9試合 フェザー級 5分3R
○ワグニー・ファビアノ(ブラジル)
×田村彰敏(日本)
3R 4'48" 肩固め

第2試合 フェザー級 5分3R
×高谷裕之(日本)
○カブ・スワンソン(米国)
判定0-3 (27-30/27-30/28-29)

WEC: FABER vs. BROWN
2008年11月5日(水/現地時間) 米国フロリダ州セミノル・ハードロックホテル&カジノ

第1試合 バンタム級 5分3R
○ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
×前田吉朗(パンクラス稲垣組)
1R 3'30" フロントチョーク
※前田は1ポンドオーバーのヤヒーラとの試合に同意


WORLD EXTREME CAGEFIGHTING
2008年8月3日(日/現地時間) 米国ネバダ州ラスベガス:ハードロック・ホテル&カジノ
 
第10試合 メインイベント WEC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
○カーロス・コンディット(米国/王者)
×三浦広光(日本/SAMURAI SWORD/挑戦者)
4R 4'43" TKO (レフェリーストップ:膝蹴り→グラウンドパンチ)
※コンディットが防衛

第1試合 バンタム級 5分3R
○スコット・ヨルゲンセン
×大沢ケンジ(日本/和術慧舟會A-3)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第10試合 セミファイナル WEC世界バンタム級タイトルマッチ 5分5R
○ミゲール・トーレス(米国/王者)
×前田吉朗(日本/パンクラス稲垣組/挑戦者・パンクラスフェザー級王者)
3R 終了時 TKO (レフェリーストップ:右目周辺の負傷)
※トーレスが防衛

[BoutReviewより]

連敗は誰が止めるのか?。ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTop

UFC91WOWOW観戦記

WOWOWのプリズナーを見て時間をつぶし、UFC91を待った。
もちろん本日の「UFC史上最大の戦い」を少しでも早く見たいために。
そしてUFC91が始まった。
流れるように展開に合わせて戦うデミアン・マイアの戦いぶり。
ミルコをOKしたガブリエル・ゴンザガの攻めに攻めに回った時の強さ。
ダスティン・ハザレーと青木を比べ、
ケニー・フロリアンがリアネイキドチョークで圧勝するのをみつつ。
UFCがパウンド、OKのみでなくグラウンドテクニックの面白さも
少しオクタゴンの観客もわかってきたようだ

そして、体重差20kg、年齢差14歳、キャリアの差は10年の戦いは始まった
レスナーに対し、その大歓声が一転、大ブーイングが浴びせられた。
しかし、レスナーはデカイ。
クートゥアーには大ランディ・コール。
巨体を生かしレスナーがタックルを仕掛ける
ケージを背にして倒れないよう試みるクートゥアー
クートゥアーはケージを味方にしている。
しかし、パワーでレスナーがテイクダウンを奪う。
マウントを狙ったレスナーに、
クートゥアーが片足タックルで上を奪い返す。
立ち上がったレスナーがクートゥアーを投げる。
パウンドを落としたレスナーに、
多分意図的にケージを蹴りあげて、
片足タックルを狙うクートゥアーが立ち上がる
クートゥアーはレスナーを倒そうとするがレスナーがケージを掴む
クートゥアーはレスナーを持ち上げるようとする
1Rが終了。

このまま、長期戦なのかと思った。
レスナーはグランドでは攻めきれない、
スタンドで出会い頭が怖いなと

2R
レスナーが左から右を放ち、
これがクートゥアーの左側頭部をかすめる
崩れ落ちたクートゥアー、
パウンドを強烈に行うレスナー
「嘘だろ」(自分のここの中の叫び)
クートゥアーの動きが止まり
ブロック・レスナーが、キャリア4戦目でUFCヘビー級世界王座についた
この試合を受けたクートゥアーの潔さに敬服し床に就いた。

ノゲイラはレスナーを止められるのか?ブログランキングへ

PageTop

悔しいけど気になるこの2つのカード

【UFC91】MMAの真実=クートゥアー×レスナー、いよいよ激突
【UFC94】現代MMA最高の一戦=GSP×BJ・ペン

悔しいけど気になるこの2つのカード、
週末11/16(日)よる11:50はテレビに釘付け
2007年6月、あのある意味、
伝説の『Dynamite!! USA』でMMAデビューを果たしたレスナー、
幻想を抱かせるのは谷川EP流の真骨頂であるが、
UFCでもやはりPPV視聴者が120万人を超えるらしい。
クートゥアーにが簡単にあしらうか、
それとも、ヒョードルvsホンマンのように見せ場ができるのか
長期戦になればスタミナ、経験の差で圧倒的にクートゥアーが有利。
レスナーが勢いで、ラッキーパンチが当たれば勝機が全く無いわけではない。
とても楽しみだ。

WOWOW解約しなくて本当に良かった。

<UFC世界ヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]ランディー・クートゥアー(米国)
[挑戦者]ブロック・レスナー(米国)


GSP×BJ・ペンについては凄すぎて、
まさに、神々の戦いだ。

でも、こんな豪華なカード続けてたら
長続きしない様な気もするんですが、
強かなダナさんにはそんな心配は不要であろうか。

呆気なく怪我などで終了なんて事の無いように祈る。ブログランキングへ

PageTop

LYOTOよUFCの思惑に負けるな

UFCがテレビで見えなくなって久しいがあの総合無敗のLYOTOに暗雲が立ち込めてきた。
人気は無いが実力はある中村和裕とUFC 76 : KNOCKOUT 2007年9月22日(土) アナハイムで対戦する。

中村がUFCで受けるとは思えないが、LYOTOもUFCで人気はない。
試合展開は塩vs塩のすばらしい展開が予測される。

スタンドではLYOTOは空手とボクシングをベースとしたいつものアウトボクシングでこつこつ当て、中村の圧力をかわし中に入れなければ、中村を封じる事ができLYOTOが有利、中村が間合いを詰め連打をだせばLYOTOは打ち負ける可能性はあるが、連打をLYOTOが食らう事はないだろう。
そのままLYOTO判定勝ちで終わるのでは。

寝技の展開では問題はテイクダウンをLYOTOが中村に対してできるのか
疑問は残る。
寝技に入った場合はLYOTOはポジショニング、ガードはできるが決め手にかける。
しかし中村も寝技で決め手にかける。そこでUFCでの経験に勝るLYOTOがバウンドで判定勝利。
何れにせよ面白い試合は期待していないが、LYOTOは判定で勝って欲しい。
それと、小見川道大がUFCにいきなり出場するのはなぜなんだろう。
中村とのセット契約なんだろうが。
UFCの思惑は柔道、PRIDE、日本幻想の導入なんでしょうか。
日本のTVは中村では反応しないぞダナさん。
それにしても日本代表が中村とは.......。

LYOTOよUFCの次はIGFに是非。人気blogランキングへ直行

吉田道場の中村和裕と小見川道大がUFCに初参戦し、中村はライトヘビー級のLYOTOと、小見川はライト級のマット・ウィーマンと対戦することが、UFC公式サイトのニュースで2日(現地時間)発表された。両選手をマネージメントするJ-ROCKも3日夕方に正式発表した。4月のPRIDE活動休止突入以降、PRIDEの常連日本人選手がUFCに上がるのは今回が初となる。
 「PRIDEを代表してUFCで闘いたい」と公言していた中村は、PRIDEでのキャリアが評価され、初戦でいきなりUFC2連勝、総合無敗のLYOTOの相手に抜擢された。UFC公式サイトのカード表でも上の方に位置しており、ペイパービュー中継の枠内で試合が行われる模様だ。中村はUFC公式サイトのニュースで、「彼(LYOTO)はいい奴。アグレッシブな試合をしたい」とコメントしている。

バウレビより

PageTop

UFCを元PRIDE戦士で埋め尽くせ

大人しくなり、どちらかといえば峠を過ぎたクイントン"ランペイジ"ジャクソンがリデルに勝つとは思わなかった。
リデルはあの"ランペイジ"に相性が悪いとしか言いようがない。
驚きましたおめでとう"ランペイジ"。
さてここは、ダンヘン、シウバ、ショーグンこの辺はUFCにどんどん上がって欲しいものだ。PRIDEは残念ながらもう元には戻れない。
いつ再開するかも、どんなPRIDEになるかも不明。待っている事はない。
クイントン"ランペイジ"ジャクソンの首を狩にUFCへ言って欲しい。

PRIDEウェルター級&ミドル級王者のダン・ヘンダーソンがオクタゴン入りし、ジャクソンの王座の次の挑戦者となることも発表された。「バウトレビュー」

新生PRIDEはまた新たな世界観を作り上げる位やらないと存在意義が薄れる。
ただ、極東の小国から1つだけ心からのお願い。UFCを日本で放映して下さいませ。

ランペイジ復活おめでとう。人気blogランキングへ直行

バウトレビューUFC71結果

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。