ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北岡悟PRIDE地獄から生還か?

9月5日(水)東京・後楽園ホールにて開催されるパンクラス主催
『PANCRASE 2007 RISING TOUR』の出場予定選手になんと、
「北岡悟」の名前でている。
パンクラスと言えば、エースは近藤。
しかし近藤はついこの間、bodog試合で惜敗したばかり。
北岡選手よ。PRIDE再興の前にbodogで頂点に立つのも一興では。
とりあえず、北岡にぜひとも観客の前で試合をして欲しいものだ。
(ソースは公式サイト)

PRIDEは罪創り。人気blogランキングへ直行

スポンサーサイト

PageTop

近藤はアウェーで勝てるのか?

bodogFIGHT "シーズン3フィナーレ"
2007年7月14日(土) ニュージャージー

日本での放映は無いこの大会。
近藤有己はパンクラス以外で海外での試合。
完全なアウェーで久々に勝つことはできるのか。
トレバー・プラングリーはAKA所属。
高橋義生はノーコンテストの相手と再戦。
KOされなければいいが。

見えない戦いが続く。人気blogランキングへ直行


<主なカード>
ウェルター級 5分3R
エディ・アルバレス(アメリカ/ファイト・ファクトリー)
マット・リー(アメリカ/チーム・エリート)

bodogFIGHTミドル級王者決定戦 5分5R
トレバー・プラングリー(南アフリカ/アメリカン・キックボクシング・アカデミー)
近藤有己(日本/パンクラスism/パンクラス・ライトヘビー級(90kg)王者)

bodogFIGHT女子135ポンド(61.2kg)王者決定戦 5分5R
タラ・ラローサ(アメリカ)
ケリー・コボルド(アメリカ/チーム・バイソン)

ヘビー級 5分3R
高橋義生(日本/パンクラス)
マイク・バーチ(アメリカ/デューンランド・バーリトゥード)

バウトレビューへ

PageTop

パンクラスよりボードッグは本気らしい。

ボードッグとパンクラスの関係。パンクラスよりボードッグは本気らしい。
グローブがbodogの提供に変わったと、バウレビ等で記事になっていたので気になっていた。
すると、ボードッグの広報担当者がパンクラス4・27後楽園大会のリングで“重大発表”を行うとの事。
まさか「bodogFIGHTオフィシャルグッズを買ってね!」じゃないだろう。
坂口Jrどころではないかも。
いけいけボードッグ&パンクラス。
UFCに風穴を開けろ!(でもbodogさん。北岡のPRIDE-GP行きは許してください。)

日本では中庸を、世界ではbodog命で。

もう、PRIDEの下部団体では有りません。人気blogランキングへ直行

グローブのサイズ確認ではbodogの提供する新しいオープンフィンガーグローブに選手達が指を通した。拳の部分が薄くなり、試合展開にどういう影響が出るかも見所となる。
バウレビより

ボードッグ広報が後楽園で重大発表
 資産6000億円の富豪オーナーが運営するボードッグの広報担当者がパンクラス4・27後楽園大会のリングで“重大発表”を行うことが26日、分かった。ボードッグからはダニー・バッテン(英国)が前田吉朗と、ブライアン・ラフィーク(フランス)が佐藤光留と、刺客として対戦。対抗戦が本格化する中、エース・近藤有己の米国大会参戦も浮上している。

 ボードッグは、FEGが3月に発表した「Dynamite!!USA」(6月2日・ロサンゼルス)への協力について「同意していない」と否定しており、今後もパンクラスとの提携を優先していく構えだ。

デイリースポーツより

バウレビへ
デイリースポーツへ

PageTop

パンクラスに幸あれ

パンクラスのスローガンは
HYBRID=雑種、「様々な格闘技のエッセンスを消化することによって進化し、最強のスタイルをつくる」
これが全方位外交を展開している所以だと思っている。
Bodogと提携したとは言え、Bodogが資本投下をパンクラスには行っているとは思えないので、パンクラスは独自性を維持しているはずだ。
そういえば、地上波があるとか無いとか言ってたような。
「面白いことをやると、テレビやメディアから放送してもらえるコンテンツになりうる。今でもテレビ関係者とは会っていますし、地上波放送復活に影響することもあるでしょう」
危惧しているのはBodogの日本人供給係にならないで欲しいこの一点である。
チアゴ・シウバの件を見て大丈夫なのかと思い記事にした。
「チアゴ・シウバがUFCと二重契約しているのでパンクラスはその様な選手とは信頼関係を築けないため交渉を中止」だそうだ。
チアゴ・シウバはもともと2月の後楽園大会でBodog派遣選手として参戦し、王座次期挑戦者決定戦で勝利した経緯があるはず。ならばパンクラスはBodogに文句を言わなければならないのでは?
パンクラスはこれで明確にBodogに組し、UFCに対抗する勢力と宣言した事になるのでは。
この勢いで老舗メジャー団体としてHERO'Sなんて吸収する勢いでPRIDEと対抗する勢力にのし上り.........Bodogのアジア支社として...Bodogのグッズも売り......
本気で頑張って欲しいパンクラスに幸あれ。修斗と並び貴重な日本の団体なんだから
パンクラス公式抜粋
チアゴ・シウバ選手(マカコ・ゴールド・チーム)誠に残念ながら欠場となってしまいました。
シウバ選手は『U.F.C.』と二重契約をしている事が発覚し、事実確認を行ってきましたが最終的に事実であることが判明し、パンクラスはその様な選手とは信頼関係を築けないため交渉を中止致しました。

最近試合内容は充実しているので、政治的に負けないで下さい。人気blogランキングへ直行

バウトレビュー関連記事へ1
バウトレビュー関連記事へ2

PageTop

ヒョードル当然ながら勝つ

ボードックファイト "Clash of the Natios" 
2007年4月14日(土) ロシア
でエメリヤーエンコ・ヒョードルは体格さ、ホームの利、勿論実力差で当然ながら快勝した。さて、彼とレッドデビルは次は何処で戦うのか!
PRIDEには今すぐ戻る理由は彼らには無い。

スーパーファイト1 ヘビー級 5分3R
○エメリヤーエンコ・ヒョードル
(ロシア/レッドデビル/PRIDEヘビー級王者)
【1R  2:58 アームバー】
×マット・リンドランド
(アメリカ/チーム・クエスト)

スーパーファイト2 ヘビー級 5分3R
○エメリヤーエンコ・アレキサンダー
(ロシア/レッドデビル)
【1R  4:07 KO】
×エリック・ペレ
(アメリカ/ルイス&ペネデレイラス・バーリトゥード)

MFCウェルター級タイトルマッチ 5分5R
○ニック・トンプソン(新王者へ)
(アメリカ/フリースタイル・アカデミー)
【2R 4:32 TKO】
×エディ・アルバレス
(アメリカ/ファイト・ファクトリー/王者)

ヘビー級 5分3R
○ローマン・ゼンツォフ
(ロシア/レッドデビル)
【1R 5:00 TKO】
×クリストフ・ミドゥ
(フランス/エリート・トレーニングセンター)

ミドル級 5分3R
○ジョルジ・サンチアゴ
(アメリカ/アメリカン・トップチーム)
【2R 4:48 TKO】
×アンドレイ・シメノフ
(ロシア/レッドデビル)
皇帝はPRIDEに再び降臨するのか?人気blogランキングへ直行

Bodog Fight - Clash of the Nations

Match Winner Loser Method Round Time
1 Josh Curran Jarno Nurminen TKO (Strikes) 3
2 Rodrigo Damm Santino Defranco Submission (Rear Naked Choke) 2 1:58
3 Bill Mahood Steve Steinbeiss Decision (Unanimous) 3 5:00
4 Roman Zentsov Kristof Midoux TKO (Corner Stoppage) 1 5:00
5 Amanda Buckner Hitomi Akano Decision (Unanimous) 3 5:00
6 Jorge Santiago Andrei Semenov TKO (Strikes) 2 4:48
7 Aleksander Emelianenko Eric Pele KO (Punch) 1 4:07
8 Nick Thompson Eddie Alvarez TKO (Strikes) 2 4:32
9 Fedor Emelianenko Matt Lindland Submission (Armbar) 1 2:58
10 Julie Kedzie Julia Berezikova TKO (Strikes) 2 2:49
11 Ray Steinbeiss Dmitry Samoilov Submission (Rear Naked Choke) 1 3:00
12 Erik Oganov Derrick Noble TKO (Strikes) 2 2:55
13 Amar Suloev Andy Foster KO (punches) 1 0:26

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。