ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PRIDE8月でなく10月11日?

絶滅危惧種。男の中の男高田さん。デイリースポーツで激白。
新生PRIDE始動は10月、ヒクソンも出てこいや~!高田延彦統括本部長(45)がデイリースポーツの取材に応じ、UFCオーナーに買収されて以来、メドが立たないPRIDEの再開時期について、97年に旗揚げ戦が行われた10月11日を10年目の節目の「復活の日」と定め、その前後の土、日曜、祝日に大会を開催するというプランを激白した。さらに高田本部長はPRIDE1で自身と戦ったヒクソン・グレイシー(47)を「復活祭」に招へいする意向も仰天披露した。

どこまで、実現性があるのか?
これは記事に値するのか?


高田本部長は「サンドバッグ状態。ファンの人には申し訳ない」と、やりきれない思いを訴えた。

悲惨。8月もガセなのか?日出国のPRIDEは終わった。
谷川EPしっかりしてくれよ!

もうPRIDEは....。人気blogランキングへ直行

デイリーへ

スポンサーサイト

PageTop

8月18日新生PRIDE始動か

新生PRIDEの第1弾大会が8月18日、さいたまスーパーアリーナで開催されることが濃厚となったと日刊スポーツが伝えている。

PRIDEの聖地さいたまスーパーアリーナでどんなドラマを展開するのか、「今年開催予定だったライト級GPに参加予定だった選手が、多数参戦すると予想される。」
との記事、ライト級GPの開催は以前危ぶまれるが、とりあえず久しぶりにPRIDEファンには嬉しいニュースが飛び込んできた。

吉田、五味、青木、マッハ、川尻、石田、ミノワマン、中村、瀧本.......が揃ったら其れなりに壮観だろう。
桜庭もここであがれば盛り上がること間違いない。
是非行きたいところだが.........
地上波はないだろうからスカパーだけでなく、ネット配信に期待。
とりあえず公式ページでの発表待ちか。ガゼネタでない事を祈るばかりだ。

よろしければ人気blogランキングへ直行

新生PRIDEの第1弾大会が8月18日、さいたまスーパーアリーナで開催されることが濃厚となった。関係者が19日、既に会場を予約していることを明かした。PRIDEは3月27日に、世界最大の格闘技団体UFCと、同一資本となることを発表。DSEからPRIDE FCワールドワイドに主催者が変わったが、大会の日程は未定のままだった。新体制最初の大会には、吉田秀彦ら日本人スターが、大挙して出場すると見込まれている。

 約2カ月間、沈黙を続けていたPRIDEが、ついに動き始めた。毎年大みそかに男祭りを開催する、PRIDEの聖地さいたまスーパーアリーナを8月18日に予約、大会開催の準備を開始したことが判明した。

 当初は7月16日に、名古屋市の日本ガイシホールでの開催も予定されていたが、関係者は「新体制最初の大会は、東京近郊でやりたいという新オーナー(ロレンゾ・フェティータ氏)の意向のようです」と明言した。既に7月16日の会場は、予約を取り消したという。

日刊スポーツより

日刊スポーツ記事へ

PageTop

青木、DEEP Xへ緊急参戦

PRIDE ライト級GPに出場が噂される跳関十段が、その得意分野である
グラップリングの大会に出場が決定した。
青木は「出場を理解くださったPRIDEや試合の場を提供くださったDEEPに“一本勝ち”で恩返しがしたい」と発言。
何も予定の無いPRIDEに出場の理解をもらうのはおかしい話なので、何かPRIDEに動きでもあるのか、それともPRIDEとの契約内容に何か抵触する可能性でもあったのか。
青木個人のブログでも思わせぶりな記述にファンは右往左往しているようだ。それを込みでこの人が好きなんだろうが。
個人的には、下記4試合が特に見たいところだがそのすべはなし。

<第11試合 メーンイベント 77kg契約 1R/4分・2R/4分・3R/2分>
青木真也(パラエストラ東京)
ペドロ・アキーラ(ボンサイ柔術)

<第10試合 セミファイナル 68kg契約 1R/4分・2R/4分、3R/2分>
今成正和(バルボーザ東京)
ブルーノ・フラザト(ゴドイ柔術)

<第9試合 80kg契約 1R/4分・2R/4分・3R/2分>
長谷川秀彦(SKアブソリュート)
マックス・フェルナンデス(エクストリームバルボーザ)

<第6試合 68kg契約 1R/4分・2R/4分・3R/2分>
アントニオ・カルバーリョ(シャオフランコ)
山崎 剛(GRABAKA)

駆け抜ける青木、翻弄されるファン。よろしければ人気blogランキングへ直行

青木真也が17日に新宿フェイスで開催されるプログラップイベント「DEEP X 2007」に参戦することが発表された。
 対戦相手はブラジルのペドロ・アキーラ。ルールは他の試合同様に柔術をベースとしたグラップリングルールが用いられ、契約体重は77キロ。試合形式は1・2ラウンドが4分、3ラウンドが2分の3ラウンド制。

 13日に行われた対戦発表会見に出席した青木は「出場を理解くださったPRIDEや試合の場を提供くださったDEEPに“一本勝ち”で恩返しがしたい」とコメント。対戦相手のアキーラは2003年の柔術世界選手権で3位の成績を収めており現在では黒帯を持つ強豪だが、青木はアキーラの試合を見ておらず、今後も対策を講じる予定はないという。「相手を軽く見ているわけじゃありません。今回の試合は“自分をどこまで貫けるか”がテーマです」。
 日々の練習が自信につながっているのだろうか、この日の青木はいつにも増して肌つやも良く多弁。会見後の囲み取材では「判定? ダメだよ、一本じゃなきゃ! というような試合が見せられればいいですね(笑)」と、PRIDEのライバル五味隆典の名セリフを借りて意気込みを語った。

スポナビより。

PageTop

勘違いではない。

「勘違いしてない?」
某PRIDE出場選手が個人のブログでファンの悲痛な不安に対してコメントを出した。
打撃全盛のMMAの中、関節に拘り、魅せる彼のファイトスタイルはとても楽しましていただいているし、好きな選手だ。
さらに、この日本のMMA、PRIDEの暗黒時期に一人ファンとのチェンネルを維持している彼は支持できる。
是非ライト級GPは今年開催してほしい。
彼ら選手のために、ファンのために。

ただ、勘違いではない。昔のPRIDEはもうない。それは事実。
新たなUFC-JAPANは支持されるのか?それはまた別の問題。

ライト級GPはいつ開催されるのかな。人気blogランキングへ直行

PageTop

ヒョードルそらそうだろう。

「格闘技界No.1のブロガー。的確な分析と勝敗予想はファンから高い評価を得ている。」ブログに制圧された。人気ブログランキングですが。
PRIDEには残念ながら悪い話。

ヒョードルも当然の如く、複数の団体と交渉中であることを認めたらしい。もちろんUFCもその中に入っている。ハント以外めぼしい相手もいないPRIDEに残る意義は感じれないし、やはりジョシュも言っているがPRIDEはUFCの下部組織と思われても仕方ない状態。
健全でないし、どこまでオーナーが本気に考えているのかいまもって不明。世界最強を目される「氷の皇帝」は何処と契約するのか今後も去就に注目していきたい。個人的には、UFC以外が有り難いが。

さて、話は変わるが頂けないのがこの何週間なんのアクションもない事。
私もその末端の一人であるがPRIDEファンは不安のなかで置き去りになっている。
ファンは結果でなく経緯でもいいから情報に飢えている。

日刊スポーツより
PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードル(30=ロシア)が、米UFCからのオファーを前向きに考えていることが分かった。複数の団体から出場オファーを受け、2年契約を目指して交渉中。その中にUFCも含まれているという。ヒョードルは現在、近くチェコで行われる世界コンバット・サンボ選手権出場を目指して調整中だ。

よろしければ。人気blogランキングへ直行します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。