ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

格闘技と距離ができてしまった

NUMBERの格闘技特集を読んだあと
この2週間、忙しさにかまけ
ネットもみず、格闘技断ちをして
本日久しぶりにネットを漁った。

何だろう違和感が凄い。
DREAM3がすばらしい興行で、
エディ・アルバレスvs ヨアキム・ハンセンの試合
宇野選手の意地。
高島学氏のDREAM3へのコラムには胸が躍る。
戦極もホジャーの今後は楽しみだ。
見るべきものは多くある。

でも、
格闘技(K-1、DREAM、戦極、DEEP、修斗、UFC.....)
を取り巻くすべてが、非常にマニアックな、閉ざされた
未成熟で洗練されていない世界に思える。
正直付き合うのが面倒に思える程だ。

自分の心に余裕が無いからだろうが、
ファンサイドが、格闘技に合わせなきゃいけない。

サッカーや、野球の様に1ファンとして気軽に楽しめない
今の格闘技が一般スポーツと肩を並メジャーになる日は来ないんだろう。
何よりもファンがそれを望んでいないから。

格闘技への五月病?ランキングへ

スポンサーサイト

PageTop

神の子越えへの第一歩

KIDがDREAMに居る意義は大きい。

load to KIDの戦いが始まる


「やさしい顔立ちの柔術師」寝技の山崎 vs 打撃の昇侍「手負の神を超える侍」(現パンクラスライト級王者)

とてもいいカード。見てみたい。
手負の現パンクラスライト級王者は「神を超える」夢の一歩を飾れるのか?

所、今成、リオン武、ビビアーノ、カルバーニョ、ヤヒーラ....とこの階級こそKIDへの挑戦権を賭けたトーナメントすれば良いのに。
夢は広がる

DREAMの存在意義は戦極よりライトな、日本人総合格闘家の夢の舞台?ランキングへ

戦極出場を決めたホドリゴ・ダムはボードックでのマンバ戦をネットで見てから気になっている選手
戦極の1つの核となるかもしれない。

PageTop

EliteXC fighter ニック・ディアス。キャンセル濃厚さてどうする。

ニック・ディアスのキャンセルが濃厚。
sherdogより
EliteXCゲーリー・ショー社長は、日曜日に日本で行われるために、
ニック・ディアーズをDreamイベントセットから取り出しました。 .....
MMAWEEKLYでも報じられている。

これは「フランク・トリッグ」に続き2回目の不祥事で、選手サイドの問題では済まされない。
ニック・ディアス来日に期待していたコアなファンは多い。
青木、宇野、秋山問題より重い、構造的欠陥と言わざるを得ない。
現在のMMAの世界でアメリカへの太いパイプを持てないとメジャー団体なんて名乗れないのでは?
さて、どう収拾するつもりなのかDREAMサイドは?

DREAMの存在意義は何?ランキングへ


EliteXC
Saturday June 14, 2008
Neal S. Blaisdell Arena in Honolulu, Hawaii


EliteXC Lightweight Title Bout 5 x 5 min.
KJ Noons vs. Yves Edwards
Nick Diaz vs. Muhsin Corbbrey
Murilo 'Ninja' Rua vs. Tony Bonello
Rafael Feijao vs. Wayne Cole
Dave Herman vs. Ron Waterman

PageTop

元巡査対決2回戦は6月15日に延期

昨日、TBSで「DREAM.2」の放映時間(東海地方ではそらナビの放映時刻)
娘サービスのため鈴鹿サーキットにて
「でんでん虫」順番待ちで炎天下3時間をすごし、すっかり意味のない日焼け。
本日は雨のため「遊園地めぐり」からは開放された。
ここぞとばかり途中で止めていた「DREAM」のネット上動画観戦をコッソリと行う。
その過程で、「DREAM」の記事をスポナビで発見。
青木vs永田(弟)の元巡査対決2回戦は6月15日に延期されたようだ。
万が一、永田(弟)が判定勝ちでもしたらと想像しつつ、ゴールデンWEEKは終わって行く。

青木の試合は何度見ても独特だな。一般受けはしないだろうが、私は好き。ランキングへ

PageTop

柴田は金魚のままか?

ジェイソン・ミラーに
柴田が勝てる要素が見当たらない。
打撃のみの柴田、捕まったら終わり。
その打撃でさえ優位であるとは思えない。
何分持つか。
柴田は桜庭の所へ行ったほうがいいんじゃないか?
いまの船木に師事する意味はあるのだろうか?

それはそれとして
そして2回戦はどれでも楽しみな一戦だ。

vs ジャカレイ
vs ムサシ
vs 弁慶
vs ユン
vs 金
vs 桜庭(出場?)

地上波向きでなくなることが「コアなファン」には良い方向なのだから。
日本の格闘技は始末が悪い。

<追加カード>公式hp
ウェルター級ワンマッチ 井上克也vsニック・ディアス
ミドル級グランプリ一回戦 ジェイソン・ミラーvs柴田勝頼
ミドル級グランプリリザーブマッチ メルヴィン・マヌーフvsキム・デウォン
ライト級ワンマッチ 中村大介vsチョン・ブギョン
出場決定選手・山崎剛 (所でなく


ジェイソン・ミラーの動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2785034

地上波の呪縛を抜けるすべはあるのか。ランキングへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。