ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ZSTに永田!

久々に「永田 克彦」の試合
それもZSTで、柴田はDEEPで引き分けだったが
永田は?打撃では小谷が格上だがどうなるのか。
小谷にしてもDEEPで負けているので、
ホームでの負けは許されまい。

ちなみに、「近々、予定していた試合が中止になりました。」
宮田のブログにある事から実はZSTに出る予定だったのかもしれない。

ライト級シングルマッチ
小谷 直之(ロデオスタイル)
 vs
永田 克彦(NEW JAPAN FACTORY)

ZSTキラー永田、もし小谷に勝ったら、DYNAMITE!!で所vs永田は正直勘弁。
誰が見たいのこれを?

DREAMへもう一度這い上がれるか?ランキングへ


ZST hp
スポナビ

スポンサーサイト

PageTop

格闘家は聖人君子ではない

鈴木桂治選手が個人のブログで
マスコミと石井慧を批判

[チームワークのかけらもない選手]
そのとおりかもしれない。
石井慧より鈴木桂治選手が
世間的に指示されるべきと思う。

でも、格闘家は聖人君子ではない。
生活があるし欲もあって当然。
それを求めないのは崇高であり、
他人に迷惑を掛けているのだから悪いことは悪い。

格闘家にとって絆とは?
道場生としての絆、大学での絆.....尊いものである。
でもそれを利用して生息しているやからもいるのだろう。

武道の場合、個人戦と団体戦が存在する、
でもオリンピックでは柔道の団体戦は無い。
また、剣道、相撲、空手...全て個人戦が本筋であろう
もともと日本の武道とは個人戦、果し合いの歴史
団体戦は戦(いくさ)

総合格闘技でもM-1チャレンジは団体戦である。
でも、M-1チャレンジは「チャレンジ」であり、チャンピオンではない。

私は、選手一人一人を尊敬しつつ、娯楽として「格闘技」を観戦する。
「チームワークのかけらもない選手」を見守って行きたい

日本なりに楽しみましょう、年末に向けて盛り上がってみるか。ランキングへ


以下抜粋
「今、寮の前を通ったらカメラと二人くらいいました。今は学生は体重別団体戦の直前です。学生の迷惑になる事はやめてください。今の四年生は、この大会が学生最後なんです。石井君1人に振り回されてる四年生が、かわいそうでなりません」
、「わかります?四年間、苦しい稽古をして最後の大会に挑もうとしているんです。まさにチームワークが必要なんです。チームワークのかけらもない選手のために潰されるのは、先輩としてとても許せません。国士舘をバカにする事は、決してさせませんので。今のオレの気持ちです」

記事はこちら

PageTop

石井慧を大切に!

真偽のほどは最後までわからないが
今度こそ石井慧の総合格闘技「DREAM」への転向が濃厚のようだ

大みそか恒例の「Dynamite!!」は挨拶のみであることは、
とても評価できると思う。
「ばりばりの金メダリスト」である彼をFEG、DREAM、TBSはくれぐれも大切に!
打撃、寝技両方再構築する事になるだろうが、まずは誰が育てるのか興味深い。

最初はキムミンスに負けても良いんじゃないのか。
それで評価を下げてしまう様なら「DREAM」も底が知れる。

総合格闘技に未来ある明るい話と受け止めたい。

日本なりに楽しみましょう、年末に向けて盛り上がってみるか。ランキングへ

PageTop

ヒョードルの事は一旦忘れよう

アフリクションのオフィシャルサイトが、
1.24『Affliction Day of Reckoning』を
米国カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで
開催することを発表した。
メインイベントはエメリヤーエンコ・ヒョードル vs アンドレィ・アルロフスキー

Dynamite!!に必要なのは、残念ながら今はヒョードルでなく、視聴率。

「連覇の夢が絶たれたセーム・シュルトについては「Dynamite!!に専念してもらいましょう。せっかくピーター・アーツが倒したので(笑)」

セーム・シュルト vs 誰がいいでしょうね。もちろんMMAで。

日本なりに楽しみましょう、年末に向けて盛り上がってみるか。ランキングへ

PageTop

K-1やキックボックシングは今がチャンスだからこそ.....

MMAはUFCに実質上牛耳られた。
でもUSAではキックボックシングはボクシングと違い今ひとつのままだ。

これはMMAが日本で実質上マイナースポーツに転落した今、
キックボックシングにはチャンス。
TOUITSUなんてそんな背景から出てきたんだろう。

日本格闘技界は資本の集中を図り、K-1やキックボックシングに特化。
日本、アジアのみならずヨーロッパ、アメリカ、オセアニアに対して打って出るべき
そんな状態であるから財政状況の良くないと噂されるFEGは強がらずにDREAM
を戦極に売却し撤退.......、主力選手のなかにはUFCへ移籍.......なんて状態に
来年は成るような予感がする。
今年ボクシングに大晦日の視聴率で破れ、同時間帯の視聴率も他の民放に及ばず
Dynamite!!は今年が最後である予感がしてならない。

しかし格闘技ジャンキーは、
こんな素人の与太話を遥かに凌駕する谷川EP暗黒マジック魔術を期待しているわけです心の片隅で。

苦しいが、年末に向けて盛り上がってみるか。ランキングへ

PageTop

2008 Dynamite!!を本日から勝手に予測する

確実に行われるのはK1甲子園
それ以下でもそれ以上でもない

坂田が大みそかに防衛戦 広島でタイ選手と再戦
こちらが視聴率では有利か。

さて、年末に向けて盛り上がってみるか。ランキングへ
                 
                以上

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。