ふと俄に

格闘技、日本の四季、文化に対して俄に思いを書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

内藤のWBCフライ級世界戦

内藤大助の試合を始めてテレビ観戦。
華美な演出もなく、番組構成はシンプルなもので、
内藤の変則的なスタイルが印象的だったのと、
試合内容も最後まで打ち合う評価されるべき試合だった。

格闘技ファンでない人間と一緒に、
クリスマス料理を食べながらテレビ観戦したが、
私一人以外は他に何かやってないのとチャンネルを
替えたがっていた。

その格闘技ファン以外の人間が
「なんで、昔は有名なボクサーがいたのに今はいないの?」
と言った言葉が印象的で、
私の「たとえばこの内藤とか長谷川とかいるよ」の回答には
ピンときていない様だった。

内藤の生い立ち、キャラを他の番組で目にする程度では
調子に乗りすぎだなこのチャンピオンと思っていたが、
あれだけの試合をして、さらに試合後の謙虚なマイク。
この路線で視聴率がとれるのなら、具志堅しかり、
日本人には控えめの美学と憎めないキャラ、浪花節と連勝がまだ好かれるのかなと
K-1、DREAMがとても及ばない壁を感じた夜であった。

どうなる事やらDynamite!!。ブログランキングへ

関連記事スポナビへ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。